Message from‘SABURAI' Live Information Discography Taiko Freaks! Contact Us
 
 
 
 
 
 
 



 
Taiko Freaks! 太鼓大好き

 
INTERVIEW WITH THE STAFF OF 'SABURAI'

今回は、音響の久保直子さんにお話を伺いました。
(インタビュアー:虎走佳代子)

 

―音響を始めたきっかけは?

中学3年のときに初めて野外コンサートを見に行き、そのとき初めて大きな音響設備を見たんです。これだ!っと思ったのが"音"で、このときから音響(PA)をしたくなって、専門学校に行きました。そしてバイトとして今の会社へ入りました。後に一度大きな会社に就職しましたが、物足りなさを感じてまた今の会社に来たんです。自分にとって満点はないけど、お客さんに"いい音やったよ"と言ってもらえると嬉しいし、それが楽しいんです。

 

―いつも女性らしいですよね?凛とされててかっこいいです!

私がPAの仕事を始めたときは、まだやっと女性が活躍し始めた頃で、なめられたくなかったんです。だから女性だけでチーム作って、"女性だけでもこんだけできるんや!"ってやったりもしてましたよ!大切なのは、仕事が出来る・出来ないのラインももちろんあるけど、人間関係だと思っています。だから、いろんな人に話し掛けるよう心がけています。コミュニケーションをとると仕事もしやすくなりますからね。〈侍〉さんとは共有する時間が少ないので、合間を見て話し掛けてます。

 

―〈侍〉との出会いは?

吹田メイシアターでの学校公演があって、そのときに、照明の四方さんの紹介で、〈侍〉になるきっかけとなったグループに出会いました。実はこのとき、大地震が起こってたんですけど、かなり集中してたので全く気付かなかったんですよ(笑)。この学校公演の稽古を初めて聴いたとき、すごく感動して、いいグループに出会えたなぁって思いました。こんなに長くお付き合いできて光栄です。新しい出会いの場も提供してもらえていますしね。

 

―〈侍〉の、魅力って何ですか?

私の〈侍〉の第一印象は、曲が面白いということでしたね。メロディーがあるから、太鼓を知らない人が聴いても面白いなと思えるユニットだと思います。和太鼓の中にもシンバル等が入ってきてて、PAしてても楽しいです!どんな曲にでも対応できるようにしてます。

 

―これからの抱負をお願いします。

まず、〈侍〉の舞台に対しての抱負は、今まで以上に、さらにパワーアップした〈侍〉を見せられるように、自分自身も努力します。あと、もっともっとメンバーと仲良くなって、もっと良い演奏を聴かせられるお手伝いをしたいですね。

 

―飲みなはれ!飲みなはれ!(笑)

そんな機会もあったらいいですよね!一泊温泉旅行とか(笑)。ほんと、もっとたくさんお話して仲良くなりたいです!〈侍〉に入り込んで、〈侍〉になじんだ操作ができるようになりたいですね。自分自身に対しての抱負は、もっともっとPAが上手くなりたい!というのが一番です。〈侍〉が進んで行くのと同じで、自分自身もクオリティーを上げていきたいです。

 

―ありがとうございました。

お疲れさまでした。

 

Dsc00519.jpg (151611 バイト)
☆ インタビュー後記・虎走談☆

いやぁ〜待ってました!初の女性です!男性陣の多いスタッフの中、いつもキビキビと、しか〜しかなり女らしい…。男性からは勿論、女性から見ても素敵な方!私、虎走は久保さんの生きる姿勢を探り、その魅力がどこから来るのか盗もうという魂胆!物腰の柔らかな話し方とは裏腹に!?秘めたる仕事への熱い思いを語っていただきました。やはり現場同様、いや、それ以上に凛とした方でした。

 

 


Runbini.com. All Rights Reserved.

 
Runbini.com