Message from‘SABURAI' Live Information Discography Taiko Freaks! Contact Us
 
 
 



 
Taiko Freaks! 太鼓大好き

 
「太鼓」と出会って、自分が成長したところ、感じたところ、考えたところ

●これは、総合学習の一環で太鼓に取り組んだ茨木市立三島中学校の生徒たちから寄せられた手紙です。 
 
私は総合学習で、太鼓のグループに入ったと聞いたとき、まさか文化祭で太鼓をたたくことになるとは思っていませんでした。ある日、先生から「この中から10名だけ文化祭で太鼓をたたくことができる」と聞いて、私はあきらめていました。30人の中から私はその10名に入れるはずがないと思っていました。
 バチ作りは私も協力して作りました。放課後、毎日部活を休んで、バチ作りをがんばりました。週に一度の太鼓練習も、最初はリズムを覚えるのも精一杯だったけど、やってるとすごく楽しくなってきてすぐ覚えました。その頃は、腰の位置が高く、ほんと心配でした。私は初めて藤先生のソロの太鼓を見たとき、感動しました。ものごっつい迫力で、フォームもきれいで、言葉にあらわせないくらいです。学校でもビデオを何回も見て、どうやったらいいかとか、家では筋トレをしました。始めのうちは少し太鼓をたたくと、まめができました。練習を積み重ねるとまめができたところが次第にかたくなって、堂々とバチが持てました。夏休みの自主練は試合も休んで行きました。そのとき私は「太鼓にあこがれた」って思いました。10人を決めるオーディションの時、私は1回で合格できませんでした。2回目でぎりぎり合格できました。発表の時は、足は震えるし、涙が出そうにはなるし。藤先生に名前を呼ばれた時、すごくうれしかった。そして、るんびに太鼓の練習も毎日行っています。みんな上手です。私の今の目標は、10/18までに少しでも体を柔らかくすることと、みんなみたいにいい音を出すことと、文化祭の時、緊張しないでみんなの前で太鼓をたたくことです。そしてまた、太鼓たたきたいです!!私は太鼓と同じくらい楽しいことをもっともっと見つけようと思います。みんなに太鼓について少しでも興味を持ってくれるようにがんばろうと思った。
 私は「三宅」をぜったい忘れられない、いい思い出にしようと思いました。(N)
 
全体の雰囲気も変わったし、みんなの表情も変わった。太鼓をやってよかったと思う。太鼓は、最初、たたけば音が出るとか、そんなことしか思ってなかったけど、太鼓は、みんなが1つになって初めていい音が出るということが分かった。(F) 
 
はじめは全然太鼓に興味はありませんでした。でも太鼓コースになって、少しずつ太鼓のことを知り、興味が出てきました。
 夏休みもけっこう太鼓の練習に行ったし、なんか太鼓に夢中になりました。みんなよりうまくなりたい!!そう思って素振りや腰を低くするように心がけたりするようになりました。いっしょうけんめい太鼓をたたいていっぱい汗流してまたやって…。すごく太鼓って楽しいな、と思いました。藤先生が太鼓好きってのがちょっとわかった気がしました。自分がムカツイているときとかに太鼓をたたくと、みんなと合わなくてなんかイライラする日もありました。自分がさぁがんばろう!って思ったときには、みんなとピシィと合いました。やっぱ藤先生が言うとおり、太鼓は人それぞれの気持ち・ハートやねんなぁ〜と思いました。
 太鼓と出会えてよかったと思います。太鼓楽しいです。もしかしたら将来太鼓をやってるかも?しれないなぁと思いました。(T) 
 
みんなで協力して1つのものを作るという達成感がすごいいいと思った。(M) 
 
太鼓と出会って成長したところは、火曜日と土曜日にるんびに太鼓の練習がないと授業がやる気がなくなるほど太鼓に真剣になれたり、ちょっとヒマな時はいつでもバチをふってたりして、本当に太鼓に真剣になれた。
 前の自分にはなかったくらいの集中力がついた。できれば続けたいかも。
 これから三島's「三宅」を復活させていきたい。太鼓をやっていて腕の筋肉がついて部活の円盤投げでいい成績が残ったしBest記録も出てよかった。太鼓に出会ってとてもよかった。(N) 
 
太鼓と出会って感じたことは、ストレッチとかしていなかったら腰が落ちなかったりして、やっぱり毎日の積み重ねが大事だと感じた。あと、太鼓をたたくときは、自分のことだけを考えるだけではだめで、他の人に合わせてたたかないといけないから、他の人に合わせるということを、太鼓と出会って学んだし、みんなにあわせてやるっていうことが自分が成長したと思う。(N) 
 
太鼓と出会って自分が成長したところは、一つのことに集中して取り組めるようになったことです。それを感じるときは、太鼓の練習がなくて残念がっているとき。そこまで夢中になって取り組めていたんだなぁと思いました。それに、家で空打ちしたり、歩いてるときに手が自然と動くときがあります。そこまで一つのことに集中して取り組めたことが成長したところだと思いました。(Y) 
 
ぼくは初め、太鼓はカッコイイなぁくらいにしか思っていなかった。人権フィールドワークで太鼓コースになり、太鼓の作り方を見に行き、文化祭で太鼓の実演をすることになった。練習で太鼓をたたいてみると楽しすぎて、今はもう太鼓が大好きになった。正直、太鼓ってムズそうやし、文化祭でたたくのは緊張するからイヤだった。でもやってみると楽しすぎてやめられなくなった。今では文化祭が待ち遠しいくらいだ。太鼓をやって思った事は、やってみないとわからないということだ。(M) 
 
私が太鼓と出会ってから、学校へ行くのが楽しくなってきて、たたくのも楽しみの一つになりました。太鼓をたたきはじめてしばらくたってから、私は「習いたい」と思いました。けど、お金のことを考えたら入れないし、時間も無理なのであきらめたけど…。我慢も少しだけ習いました。 本当に太鼓にあたってよかったと思っています。テストのとき緊張して、本当に頭の中が真っ白になって、わからなくなって、「もう自分はおちた…」と思っていたけど、うかったと聞いて半泣きでした。文化祭で「力」を全部出してがんばります。(S) 
 
ぼくは太鼓を始めてから、少し自信がついたと思います。それは、最初ぼくが太鼓なんかできるわけがないと思っていたけど、実際にやってみると、なんとかできたからです。ぼくは何でも悪い方悪い方に考えてしまうくせがあるけど、太鼓をやって、何事もやる前からあきらめず、とりあえずやってみることが大事、ということがわかりました。これは太鼓のおかげであり、藤先生のおかげでもあります。本当にありがとうございました。(H) 

 


Runbini.com. All Rights Reserved.

 
Runbini.com