Message from‘SABURAI' Live Information Discography Taiko Freaks! Contact Us
 
 
 
 
 
 
 



 
Taiko Freaks! 太鼓大好き

 
 
  侍的CD録音苦労話
 

羽田野  「虚空」を作るにあたっての苦労話をお聞きしたいのですが、どんな所が苦労しましたか?
出口   笛を入れる前に太鼓を録ったのですが、私は笛の音を出さず、(身振りだけで)きっかけ出しをしたのが一番大変でしたね!それで全ての体力を使ってしまった。残りの消耗しきった出がらしの笛の音がCDの中に入ってます。(笑)
久保   太鼓の録音は大変だなぁ〜〜。(笑)三味線は小手先の楽器ですのでテイク10位までは平気なんですよ。レコーディング当日は気楽に見てましたが、終わってからの編集作業が大変でしたね。
内海   (「みのり」で)視覚的な要素が大きい横打ちをさせてもらって(CDなので)音楽としてどう伝えるかというのが大変だったけど努力してみました。
羽田野  三人で叩く「まほら」は3人の呼吸とか、間というのがCDにどれだけ伝わっているやろうね?
青沼   あれはやってて気持ち良いですね。入り込む曲なんで…お互いのソロ回しも奮囲気で伝わってくるんで。
羽田野  じゃ〜「まほら」という曲にの3人のコンビネーションがバッチリですね!?
青沼   いやいや、5人です!(笑)
    レコーディングの一番最初に録った曲が「まほら」でしたね。
青沼   僕はもう一番気持ちの良い曲です。でも緊張しますね。一人乱すと悪いなぁ〜と思いながらやってるので。
羽田野  一人がいつもと違うノリだとすぐに伝わってくる曲じゃないかな?
青沼   あぁ、それはありますね。だからそれを乱したら悪いなぁ〜といつも心がけてやってます。その人のフレーズ、フレーズが出てくるから、こっちもやってて凄く楽しいんですよ。毎回いろんなフレーズが聴けるから・・・。たまに思わずウケて笑ってしまうこともありますね。(笑)
羽田野  楽しく叩ける曲だ、と・・・。(その楽しさが)どれだけCDに収まってるかですね。
青沼  そうですね。楽しいのと同時にしんどいのもついてきますので。楽しい分、しんどくなる。
羽田野  というのが「まほら」ですね!(上手くまとまった所で)ところでー北村さんのDVDの発売は?(笑)(この日、太鼓を叩く時の動作が人並みではない事で有名な北村さんのDVDが発売されるのではないか?という話題で「侍」のメンバーは盛り上がっていた)北村さんにはソロのイメージが凄くあるんですよ。
北村   決まった曲はあんまりしてないから…
羽田野  まさに「アドリブの北村!!」ですね。そのあたりってどうでしょうか?「侍」のメンバーとして。
北村   それぞれが自分のカラーとか、味とか出てるから、俺は自分なりの味とか、出せてるかなぁ?と自分では思ってるので。
羽田野  北村さんの叩いてる音を聴いて、北村さんは肉体派だというイメージは湧いて来るでしょうかね?
北村   いや〜だからそれはDVDを見てもらわないと!(一同爆笑)
羽田野  でもそこまで分かったら凄いやろうね!この人は毎日トレーニングしてる体やなぁ〜って音だけ聴いて分かるっていう表現ありますかね? 
北村   それは、ないでしょう〜!!(笑)そんなバランスの悪い録りかたせーへんやろう!(爆笑)
羽田野  なるほどねー。やっぱり「アドリブの北村」って事で!(無理矢理)ところで、みなさんはこのCDの中で一番好きな曲はなんですか?   
出口   やっぱり「宇宙へ」でしょう!確か太鼓入ってなかったなーあれ!(笑)あははは〜でも、やっぱり「虚空」ですね!
久保   「虚空」!
青沼   「虚空」!!
北村   あのぉ…ホンマは「トリオ」がいいんですけど…(涙)(レコーディングはしたが、今回のCD収録は見送られた)でも次のCDには入ってるでしょうね!(笑)でもやっぱり、「虚空」ですね!!!
     「虚空」!!!
羽田野  そういえばこのCDのタイトル、「虚空」ですね!
     そうですねぇ、コンサートで最初に演奏している曲で、(聞く方も)印象に残る曲だと思います。大河ドラマとかで是非使って欲しいです。
羽田野   なるほどね。でもよく考えたらいろんなバリエーションがあって、聴き応えのあるCDですね!「侍」はソリストが集まって演奏するユニットであって、いつも団体行動しているグループのCDとは違うという事ですね!?
    そういうところが聞く人たちに伝わればなぁと思っています。
(2001年10月19日、扇町「バーミヤン」にて)
 

Runbini.com. All Rights Reserved.

 
Runbini.com